屋根の雨漏り修理費用は保険で自己負担ゼロに

家を守る役割を果たしてくれている屋根は、普段目にすることがあまりない部分ですが、思った以上にダメージを受けています。屋根瓦が浮いてしまっていたり、スレートが割れていたり、漆喰や塗装が剥がれてしまった状態を放置しておくと、雨漏りの原因となります。


天井や壁にシミがあったり、雨が降った後、カビ臭い、強雨時にポタポタと雨水の音がする、などの症状がある場合は、屋根に損傷を受けている可能性があります。
この状態を放置しておくと、家屋の木材の腐食が進み、建物の耐久性が落ちてしまいます。

地震や台風なの自然災害の多い日本では、建物の耐久性が落ちた状態にしておくことは非常に危険です。

雨漏りを見つけたら一刻も早く雨漏り修理を行いましょう。しかし、雨漏り修理の費用は、屋根全体の修理になる場合はかなりの高額となってしまいます。



そのため、修理を諦めている人もいるかもしれませんが、そんなときには火災保険のことを思い出してください。
火災保険は火災だけではなく、台風などの風災や雪災、落雷、などの幅広い自然災害に対応しています。



屋根が壊れているけれどお金がないからしばらくこのままで我慢しようと思っている人も、一度専門業者に原因を調査してもらうことをおすめします。



経年劣化だから保険は使えないと思いこんでいる場合でも、充分に保険が適用されることもあります。

自分で判断せずに、まずは専門業者に調査を依頼しましょう。保険が適用されれば、雨漏り修理の費用を無料にすることができます。